2011年4月16日 (土)

花見

2011/04/14(木)

2年ぶりに六甲staffで花見を催した。

午後1:30startで締めはJRの終電まで・・・

のべ40人参加!

最高の花見だった!

Imgp0037 幹事組、先発隊ご苦労様!

Imgp0045_2 Imgp0042_2

Imgp0048 Imgp0063

Imgp0054 Imgp0098

Imgp0100 Imgp0107

Imgp0138 Imgp0020

みなさんお疲れ様でした!!

2011年4月 8日 (金)

桜 2

Ca3c0001

2011/04/08(金)

春が来ましたね!

家の裏の公園の桜も満開です

桜はほんとに癒されますね!

Ca3c0006

2011年4月 5日 (火)

PALETTE

2011/03/31(木)

送別会で贈るための花束を買う為に、知人に紹介してもらったJR六甲道の北側にある可愛い花屋さん”PALETTE”にお邪魔した。

次々と来店されるお客様の合間を縫って、花束をオーダー。

花束を渡したい人の特徴を伝えると、僕がイメージしていた花をどんどんセレクトしてくれるではありませんか!しかも、切花だけではなく、鉢植えのシンビジウムまで、わざわざ僕の花束の為に切り出していただいて感激!とっくにstartしていた送別会を気にしながらも、すっかり意気投合したご主人と話しこんでしまいました。

hpやブログはされていないそうなので、ぜひお店に足を運んで見てください。可愛らしいお店と、素敵なご主人が出迎えてくれますよ!

Ca3c0156

神戸市灘区森後町2丁目1-2セレノ六甲1F

JR六甲道駅山側へ100m

tel/fax:078-843-4187

florist PARETTE / フローリスト パレット 

ご主人のお名前は、上村(うえむら)さん・・・是非、花について色々聞いてみてください!

送別会2

Ca3c0191

2011/03/31(木)

この日は六甲送別会第2弾!前回の送別会に出席できなかった、5年以上勤務したkana-chanの送別会。前回とは打って変わって、長年staffを勤めている人だけのこじんまりとした送別会でしたが、おごそかながら1次会だけで5時間に渡る長時間送別会となりました!

kana-chanお疲れ様でした!

Ca3c0159

2011年4月 1日 (金)

甲子園

2011/03/30(wed)

震災を考慮し、楽器等の鳴り物を使用しての応援を自粛し、声援のみでの応援となっている今回の大会。16年前もそうだったと知人に聞いた。

いつもの華やかさは無いが、心のこもった声援がじかに聞けてこの方が良いのではないかと思った。

高校球児はいつ見ても全速力だ。

Ca3c0145

Ca3c0146

2011/03/30(WED)

今年は例年になく開花が遅いようだ。今日かろうじて一輪開花していたが、ほとんどの樹のつぼみは未だに固く閉ざされていた。

Ca3c0140

Ca3c0142

Ca3c0139 2011/03/28(mon)

スキー場の延長営業も無事終わりました。例年になく寒かった今年の冬から春にかけて、六甲では3月になっても連日のように降雪があり、昨年見事に溶けてしまったゲレンデも今年はたっぷりの雪を残したままの営業終了となりました。11月からたくさんの水と電気を使いたくさん造雪したものが、今度はカンツリーハウス営業の為に不要なものとなってしまう。11月~3月は溶けない事を願い、いまや早く溶けてもらわないといけないなんて・・・

震災を期に、これからの時代、営業方針すら考え直さなければいけない気がする。

送別会

2011/03/26(SAT)

六甲STAFFの送別会・スキー場営業お疲れ様会に参加した。

今までで、最多の参加者と最大の盛り上がりだった。若者はPOWER全開で頼もしい。

Ca3c0105

2011年3月29日 (火)

六甲ハイキング

2011/03/23(wed)
昨年12月以来3ケ月振りに子供達を連れ六甲へ。
CSWカンパニーさんの恒例行事になりつつある、芦屋~六甲山頂~有馬に至る卒園ハイキング。
昨年初めて参加した時は6才の子供達が、長大な山道を一日中歩く事ができるのか?疑問に思いつつ仕事をお手伝いしました。多少泣きが入りかけた子供もいましたが、見事に全員完登!先生方のお話しによると、相当元気なお子さんチームであったらしく、驚きと共に子供の可能性に感心しました。

しかし今回の学年は…昨年11月のハイキング引率時、予定時間と目的地とのギャップを感じ、若干行程を短くした学年である。
いちまつの不安…CSWカンパニー社長も若干危惧していたようで、昨年より出発時間が早く設定されていた。電車などの移動等は子供相手のプロであるstaffのyasu君が先導だが、芦屋川から山域全般は僕が先導。いつもなら、のんびりペースで歩き、時間と行程が合わなければ短縮できるのだが、今回の芦屋~山頂~有馬へのコースは短縮できない片道行ったっきりの行程である。もちろん、緊急時は車道が山頂まで張り巡らせられている六甲なのでリタイア可能だが、無事に時間内に有馬まで先導するにはペース配分が重要となる。

Ca3c0056

キリっとした寒さに良く晴れた青空の下、元気良く阪急芦屋川を出発!
今回は卒園したての6才児ばかり13人!お母さん達も3人参加、スタッフ4人で20人の大所帯。

スタート早々普段よりハイペースに。すると、お母さんから、速すぎませんか?って指摘を受けたが、緩い坂道の間にハイペースで時間を稼ぐ為、「(今日は)速いですよ~!」と受け流す。(スイマセン)

もちろん傾斜がきつくなるとペースはいつも通り。第一休憩ポイントは工事の為通過。様子を見ながら歩を進めるが、みんな疲れた様子もなく無事に高座の滝に到着。

Ca3c0054

気温が低いせいか、子供達が暑がることもなく、じゃんじゃんロックガーデンを突き進み、あっという間に風吹岩に到着。空気が澄んでいて景色がとても綺麗だった。子供達は真剣に「ここまで来たら津波は大丈夫?」って質問していた。幼稚園児なりに震災の映像は衝撃的に心に残っているのだろう。

Ca3c0055

前回のプチハイキングは風吹岩でお弁当を食べたほどスローペースだったが、今回はなんと10時半には風吹岩を後にした。なかなか良いペースである。

難関の雨ケ峠に至る階段急登は相当スローダウンしたものの、さすがにぐずりだす子もチラホラ。しかし、昨年同じ行程の時は雨ケ峠でお弁当だったが、ここも小休止で済むほどペースも、みんなの状態も良かった。

腹ペコのチビッコちゃん達待望のお弁当エリアも予定よりだいぶ早く到着できました。みんなスゴイなあ!

Ca3c0057

昼食後は最も傾斜のキツい七曲。でも、子供達は大きな声で歌を歌いながらズンズン突き進んでゆく。

Ca3c0065

一軒茶屋に着いたのは13時過ぎ。小休止して最後は一気に最高峰へ!

Ca3c0072

ヤッター!みんな大喜び!実はお母さん達が一番はしゃいでいたかも?(笑

標高931m。海抜0mに近い芦屋から自分達の足で登ったんだよ!みんなホントすごいね!

Ca3c0076_2 

有馬への下りはとても緩やかなので、みんな疲れ知らずで元気元気!!

Ca3c0081

途中「ヤッホー」って叫んでいたら、明確なコダマが聞こえてみんな大喜び!でも?ちょっと明確すぎないかい?って、言葉を変え何度も叫んでいたら、コダマの正体は先行していた親子連れハイカーのチビッコの声でした(笑

なんだかんだで有馬に着いたのは15時過ぎだった。予想に反して、みんな元気で、しかも昨年のパワフルチームより早いではないですか!!!

Ca3c0083

最後にご褒美の足湯に浸かって疲れを癒す。子供も温泉好きなんだなあ・・・

後は電車を乗り継ぎお母さん達の待つ大阪へ。電車の中も誰も寝ないまま大はしゃぎ!この子達の無限パワーには驚かされるばかりだった。

みんな本当によく頑張ったね!お疲れ様でした!

2011年3月28日 (月)

合唱

Ca3c0047

2011/03/21(mon)

先日小学校を卒業した姪と、入団したての甥のコーラスグループの演奏会を聴きに入った。

震災の為、親戚の元へ避難してきた被災者の方も来てくれていた。

子供達の歌声は、本当にけがれなく純粋そのもので、毎回感動させてもらえる。

少しでも被災者の方の心を癒せていたのではないだろうか。